So-net無料ブログ作成
検索選択

2.挨拶

マンションの共有エリアで誰かと顔を合わせると、極力、挨拶するようにしている。
それは一応、私が危険な人じゃないよ、っていう軽い表明かな。
なにかと物騒な時代だしね。

先日、マンションのエレベーターホールで少年と一緒になった。
小学校低学年くらいで、長髪にキャップ帽の可愛い男の子だった。
私がコンニチワ、と声をかけると、彼は私の顔をちらっと見て、くるりと背をむけた。
その様子を郵便受けのところから見ていたのかもしれない。彼のお母さんが走り寄ってきて、
「きちんと挨拶しなくちゃダメでしょう」
と彼に少し強く言って、私に頭を下げた。

「だってさ、知らない人に声掛けられても、返事しちゃいけないって、いつもママ言ってるじゃん」
「マンションの人は知らない人じゃないでしょっ」

お母さんは、私にすいません、ともう一度頭を下げた。
いえいえ、と私は笑いながら、大変な時代なんだなぁ、と思った。
マンションが同じだからといって、安心できる人とは限らないし、
そもそも私がこのマンションの住人であるかどうかなんてわからないんだしね。
子供の場合は、コンニチワ、に反応したついでについ心を許しちゃって、、、
なんてこともあるかもしれない。
挨拶するだけの関係と
会話までかわす関係。
そんなことまで子供に教えなくちゃいけないんだなぁ。
やっぱり大変な時代です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。